プラセンタ注射

プラセンタ注射の感染症の心配は?

プラセンタ注射は、もともと肝臓機能障害の治療のために日本国内で使われるようになり50年以上になります。自律神経やホルモンバランスにも効果が認められています。現在では、美肌・生理前のニキビ、シワやシミの改善など美容目的に使われる事が多くなりました。

国内製造のプラセンタ

製造以来、重篤な副作用は確認されていないのも最大の特徴です。プラセンタは生物製剤という薬品で、ヒトの胎盤から作られています。過去に生物製剤で、肝炎やエイズの薬害問題が起こりましたが、それらは非加熱製剤と呼ばれる薬剤で起きた問題です。

日本で製造されるプラセンタは感染症のない女性のもので、製造過程で高温高圧で滅菌されています。

高温高圧滅菌しても死なない

ブリオンと呼ばれる狂牛病やヤコブ病の原因となる病原体は一般的な滅菌方法では死滅しませんが、日本国内には無い病気です。もちろん日本人女性で感染している人は存在しませんし、日本国内の女性の胎盤を使用していますので、国内で作られているプラセンタには危険がありません。

安全とはいうものの、日本赤十字社では「理論的には感染の可能性がゼロではない」ことを理由にプラセンタ注射の経験者は献血ができないとしています。


プラセンタ注射 TOPへ