プラセンタ注射

医療現場でも注目されるプラセンタ

プラセンタはさまざまな効果に期待が寄せられ、医療の現場でも使われています。医療用の薬として使われているプラセンタはヒト由来のものです。受精卵の細胞分裂を活性化するための成長因子に期待されているのです。

肝細胞増殖因子

肝臓は手術で70%を切除しても回復し元に戻るという特殊な臓器です。この回復を助ける役目としてプラセンタを投与します。肝機能障害の予防と改善に効果があります。

神経細胞増殖因子

自律神経を整える作用があり、更年期障害やうつの症状を和らげます。アンチエイジングを促進する効果もあります。

インシュリン様成長因子

関節痛の症状やリウマチの症状を和らげます。

上皮細胞増殖因子

肺や角膜、気管上皮細胞を増殖します。新陳代謝を高め、表皮を新しくし肌のキメを整えます。

繊維芽細胞増殖因子

真皮を新しくしニキビ跡など傷を治します。コラーゲンやヒアルロン酸を増殖を促し、肌のハリを出しシワを無くします。

まだまだ多くの可能性に期待を寄せられるプラセンタですが、これらの成長因子がアンチエイジングや女性特有の症状の緩和に有効とされています。古くから使用されてきたプラセンタですが、効果の即効性がないことから、結果を急ぐ医療の現場では使われなくなっていました。しかし現在では、その効果が見直され多くの医療現場で使われています。


プラセンタ注射 TOPへ