プラセンタ注射

プラセンタ注射の副作用

医者のイメージ一般的にもだいぶ認知されてきたプラセンタ注射ですが、薬剤である以上、副作用は無いのかと心配になります。医療用のプラセンタは、ヒト由来のプラセンタで作られているため、副作用は出難く安全であるといわれています。

しかし、稀に副作用を起こす人もいるようですが、これは感染症やウイルスによる作用ではなくプラセンタが身体に合わなかったという理由の副作用です。

プラセンタによる副作用

抗アレルギー作用の効果があるというプラセンタですが、アレルギー反応を起こし発疹や痒みが出ることがあります。どれも軽度で短時間で治まります。極稀ですがアナフィラキシーショックの症状を起こすこともあるそうです。

厚生労働省で認可されている「メルスモン」と「ラエンネック」には、今日までショック症状や感染症といった重大な副作用の報告は全く無いそうです。

婦人科系の副作用

・生理周期が早まる
・生理の出血が多くなる
・便が緩くなる

これらの症状は一時的なもので心配はありません。

その他の症状

他の注射を接種した時にも起こり得ることですが、注射部位の疼くような痛み、発疹や痒み・発熱などの過敏症、注射部位が硬くなることがあります。点滴の際に体調が悪くなることがありますが、薬剤が落ちるスピードを遅くしてもらうことで改善することがあります。

プラセンタ注射に使われている製品は、製造過程でホルモンや血液は分解されて滅菌しています。ですから、子宮がんを経験された方も子宮内膜症で悩む方も安心して接種することができます。


プラセンタ注射 TOPへ